槇原敬之の曲に、
「日曜日の電車はみんなやさしく見えて
どんなに混んでても 穏やかにゆれている」という歌詞の曲がある。
お正月の街を行く人たちも日曜日の電車の中みたいで
どこもハチミツみたいな金色の光に包まれている。

Advertisements