DSC_0024_edited-1

銀座のギャラリーゴトウで開催中の、「コレクターたちの饗宴 PartⅡ」展 を覗いてみました。
お目当ては荒木愛さんの日本画。
k.k.さんのブログで数年前に知ってから、密かに、そのかわいらしい作品に注目させていただいています。
多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻を卒業されてから、
東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画・装飾(中島千波)研究室を終了されて、
現在、作品制作や展示をされて活躍中です。
一番初めに知ったのは果物の絵でした。
その印象は自分の中の日本画のイメージを変えるような感じでした。
斬新、繊細、かわいらしい。色合いもいいです。
今回展示されていたのは大きいものでも雑誌くらいの大きさ。
あとは12cm四方位の正方形の、鳥の絵が全部で3、4点。
正方形のものは、さながら、かわいらしい小さな宝石箱のよう。
見る度にしあわせな笑顔になるような作品で、覗いてみて良かったな、と思いました。
これからますます活躍が楽しみな、若い作家さんです。

Advertisements