DSC_0124

糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」(略して「ほぼ日」)で、
写真家・上田義彦さんの連載が始まりました。
コンテンツのタイトルは、「写真にドキドキし続けている」。

上田義彦さんの写真、好きなんですよ。
自分の原点といってもいいです。
なにしろ写真を撮り始めて最初の頃から好きな写真家の一人で、一番最初に買ったちゃんとした写真集が、上田さんの「at home」。この写真集の中のプリントが展示されたライカギャラリーの展示も観に行きました。
独特のトーン。コントラストがとっても低くて柔らかいのに、きちんと光の部分は存在していて、暗い部分もすごく暗いのにつぶれていない。
その写真の捕えた被写体やその場の空気がとてもいい(なんだかワタシ偉そうですが・・・。)。
ちょうど、少し前に写真集「at home」を見直して、うむむと唸ったところでした。
他のテーマの写真(写真集)も、色合いもいいですし、ポートレイトもとてもいいです。
どこかで読んだ、写真に対するストイックな向き合い方もとても好きです。
プリントを、いつかは購入したい、と思います。

やっぱり自分の中ではずっとあこがれの写真家のひとりです。
これから数日、上田さんの写真の話が読めるのかと思うと、とても嬉しいです。

Advertisements