「おまえとおれ、ふたりっきりになれるところに運んでくれよな」
片岡義男さんの小説「彼のオートバイ 彼女の島」の映画の冒頭のワンシーン。
バイクと「おれ」の旅。バイクはバイク乗りを運んでくれる。
カメラも、カメラを持つ人と旅に出る。
そんなカメラには
自分が今どうしてそれを写真に撮るのか、何も言わなくても分かっている気がする。

Advertisements