DSC_2071

今まで司馬遼太郎さんの本をあまり読んだことがなかったのだけど
好きな街NYのことについて書かれている本があったので、図書館で借りてきました。
文章がとても良くて、まったく飽きません。
美味しい水がごくごく飲めてしまうように、面白いようにすいすい読めてしまいます。
時々はっとするような詩的な表現があって
しばし本を置いてその言葉を反芻したりして。
やっぱり昔からたくさんのひとに愛されている作家はそれだけのわけがあるんだな。

Advertisements