TAXI DRIVER

先月が お誕生月で、TUTAYAで旧作の映画のDVDのタダ券を貰ったので、何を借りようか悩んだあげく「TAXI DRIVER」(観るの2回目)を借りてきました。
やっぱり好きなこの映画。
やっぱりDVD買おうかな…観ながらそんなことを考えている…。

映像を観ているとカラーの写真のイマジネーションが湧いてくる。
色も雨も夜の街も。
写真を撮りたくなる映画。

音楽も良い。
デニーロはセクシー。
ジョディ・フォスターも、まだこの頃小さいのに演技が上手い。

「矛盾ね。」選挙事務所の女性に言われたセリフを時々思い出す。
混乱。混乱しているのだ。生きている人は。

Advertisements

「Saul Leiter 1950s NEW YORK」

近くまで行ったので、恵比寿のPOSTで「Saul Leiter 1950s NEW YORK」展()を観てきました。
作品をセットにした同名のポートフォリオの刊行を記念してもので、だからそのポートフォリオの写真をもとにした小規模の展示。
ものすごく惹かれる写真がバンとあるという感じではなかったのだけど、少しでも観たくて自分の中のソール・ライター好きの火やその影響の火を燃やし続けたい人にはいいかも。
大きな写真展を観ると満足して帰るけれど、逆に、今回のように展示枚数が少ないと、もっともっとと観たくなる。
写真集欲しいななんて思いながら帰ってきました。
店内ではいろいろな写真集の販売をしていて、ソール・ライターのモノクロの写真の写真集があったので見てました。
カラーの時の色合いもいいけれどモノクロになるとすごく分かるのが構図のうまさ。
やっぱりファッション写真を撮っていたから格好いい。

(文中の※をクリックするとお店のHPに飛びます。)

この間お正月になってから まだせいぜい半年くらいしかたった気がしないのに
テレビから竹内まりやの歌うケンタッキーのCMソングが流れてきてびっくりする。

おなじ日

私がいつもの通勤に東京駅に着いてビルの間を歩きだして
空を見ると冬の空が見えるとき

少し北の場所でも仕事に駅に向かい
電話を受けたりお客さんのもとに向かったりしている。
窓を開けると同じ冬の空が見えたりしている。

出張の奇跡

今回の旅でとても嬉しいことがありました。
仕事の話も一段落し帰ろうとした時の事。
出張先の営業所の女性が、駅までのタクシーを呼んでくれたのですが、
女性が「よろしく」と声をかけると、運転手のおじいさんが高らかに
「このお嬢さんたちを、しっかりと駅までお届けいたしますよ~!」
と言ったのです。
・・・あれあれあれ?もしかして、また「お嬢さん」って言われてる?
実は10年以上前の人生初の出張中にも、おじいさんに「お嬢ちゃん」と呼んでもらえるという嬉しいことがあったのですが、今回もまた出張中に・・・?
奇跡。そう、これは、出張の奇跡ですよ。
もうぜんぜんお嬢さんじゃないのですが、そう呼ばれるのは大歓迎。嬉しいですウェルカムです。
またいつかどこかでお嬢さんと言われる日を楽しみにしていよう♪

(写真は、朝に東京駅で買って新幹線の中で食べた美味しいパン。)

弘前出張


人生で2度目の出張。弘前へ行ってきました。

仙台までは雪は無し。

途中から雪が降って、

秋田は雪がないなあと思っていたら、

どこかのトンネルを抜けると突然の大雪。


寒い、白い、世界が外に広がっていた。
ニュースでやっていたけれど、今年はいつもより早く、沢山雪が積もったらしい。

新幹線は指定席。
仙台で降りて行った人の後は隣に誰も乗ってこない。
会社の先輩女性と一緒の出張だったのだけど、行き帰りの席は別々だったので、
一人でのんびりのんびり、窓からの光を浴びて、この景色の移り変わりを見ていくのが
本当に楽しかった。
川端康成の「雪国」みたいな世界や、白岡順さんみたいな写真が撮りたいけれど、こんなに楽し気にしていたらきっと撮れないだろう。まあいいや。写真にはその時の気分が写るのだ。
いいなぁ。出張。旅はいいなぁ。と楽しんでいる
そんな気分が写った気がする。

中学のクラスの、飲み会に久しぶりに行ってきた。
(年に2回、毎年開かれるこの会は、もはやクラス会ではなくただの「飲み会」だ。)
地元で昔から知っている人たちとわいわいやるっていうのは本当に気楽。
同級生というのはいいものですね。

王様の休日

このひと、なんとなく、世界昔ばなしなんかに出てくる王様(赤いマントを着て、王冠をかぶっている)に似ている。
もしかして、王様が1日だけ休暇をもらって、初めておつきの人も無しに一人で街を歩いてみたのかもしれない。
ローマの休日みたいに。
前から憧れていた楽な服装をしてみたのかもしれない。
でもちょっと心細いからそんな表情してるのかもしれない。
そう考えると楽しい。

初めて一人で歩くからカッチンコッチンに歩いているのかも?
・・・いえ。それは多分、私がカメラを向けているのに、ちょっと気が付いたのだと思います・・・・・

おそろい

シナモンちゃんとお揃いの髪型の女の子。

サンリオって小さい頃大好きでした。
(女の子はサンリオが好きですよね。)
土曜日の午後、友達と図書館行って、その後サンリオショップに行くのが最高でした。
今でも「ちょっとプレゼント探してるんです」って顔してお店を覗くことがあります。
やっぱりかわいいです。