見せてやれ、底力。

(カロリーメイト copy by. 福部明浩 )

Advertisements

ふと覗いた窓の中の色に惹かれた。
フランスの女の子が肌寒い日にひらりとひっかけてゆくトレンチコートの色。
ソール・ライターの写真の中の色を思い出した。
色、色。
肌寒くなってくる季節には、人の気配や色を自然と探すのかもしれない。

あこがれ

ネイビーのトレンチコートを買いました。

昔行っていた会社で、かなり年齢は上だけどすごくかわいい人(多分、若い頃もすごくかわいかったはず。)がネイビーのトレンチコートを着ていて、その頃からちょっと憧れていたのです。

その人は華やかにかわいく着こなしていたけれど、私はどんなふうに着ようかな。
やっぱり秋はおしゃれが楽しい季節です。

(写真の、手前の雑誌は昔々の「Olive」。ワタシのバイブルでした。)

10月

もう風は秋色なの。そしてハロウィンの季節なの。

(この後わたしはこのかわいい子にかぼちゃのバッグの中のお菓子をもらいました。生まれて初めてのハロウィンのお菓子!)

shake tree

前にTVの「正直さんぽ」で有吉たちが行っていた両国のハンバーガーやさんshake treeに行ってきました。
美味しかったです。
店員さんも元気な感じで良かったです。

今日はお相撲があるらしく、国技館周辺はすごくにぎわっていました。
お相撲さんの出待ち(?)をしている人も沢山。
(来ると、「頑張ってー」とか声をかけていた。有名な人なのかな)
まだ初心者っぽい若いお相撲さんたちが固まっていた近くを通ったら、多分鬢付の、甘い匂いがしました。
ファンたちは楽しそうで、沢山のお相撲さんの旗も秋の風にはためいて、「晴れ」の日ムード。両国はいい「気」が流れている感じでした。
国技館前のおじいさんはお相撲さんの柄のネクタイを締めて気合を入れていたりで見ていると楽しい。

わたしの時間

何年も腕時計をしていなかったのですが、会社で隣の席の子や向かいの席のワカモノが腕時計をしていることに影響され(最近、ワカモノは結構腕時計をするのでしょうか。会社ではワカモノの腕時計をしている姿をよく目にします)先日、久しぶりにデパートで電池を入れ替え、また腕時計をしてみることにしました。

腕時計をはめて久しぶりに会社に行った日、なんだかとても気持ちが落ち着くのに驚きました。
思えば、この時計は約25年位前に買ったもので、あんな時もこんな時もどんな時も腕にはめていたから、はめると「これが(これをはめているのが)わたし。」・・・という気がして気持ちが落ち着くのかもしれません。
なんだか、流れている時間が「わたしの時間」と思えるようになってきました。

約25年くらい、時計はこれ1個だけです。
このデザインが好きなので、今でもこれだけあればとても満足です。
眺めては、かわいい時計だなぁ~とシアワセな気分になります。

(10年前にガラスを交換したり革のバンドは4,5回替えているので(使っているうちに一番最初に使われていた動物の革はワシントン条約か何かで輸入できなくなったとかで、今は別の動物の皮になっている。そこに時の流れを感じます。)25年も経ったとは思えないほど新しそうで嬉しいです。これからも大事にしたい。)